ファイテックの「投てき用消火用具」が、雑誌 MONOQLOにて“BEST BUY OF THE YEAR 2019”に選出!

株式会社ファイテック(代表取締役社長:林 富徳、本社:愛知県丹羽郡大口町)の「投てき用消火用具 ファイテック」が、テストするモノ批評誌『MONOQLO』(発行所:株式会社晋遊舎)2020年1月号において、「BEST BUY OF THE YEAR 2019」に選ばれました。

株式会社ファイテック(代表取締役社長:林 富徳、本社:愛知県丹羽郡大口町)の「投てき用消火用具 ファイテック」が、テストするモノ批評誌『MONOQLO』(発行所:株式会社晋遊舎)2020年1月号において、「BEST BUY OF THE YEAR 2019」に選ばれました。

「投てき用消火用具 ファイテック」は、2017年、2018年、2019年、3年連続で、MONOQLO誌の消火器徹底比較テストで「投てき消火器 BEST BUY」に選ばれました。2019年の『MONOQLO 2019年10月号』(2019年8月19日発売)では、「本当に買うべき防災グッズ」の企画において、投てき型消火器、天ぷら油火災用消火器、が実践テストにより徹底比較され、「圧倒的な鎮火力」という評価により、投てき型消火用具の中で最も優れた製品として認められ、2019年ベストバイに選ばれ、さらに最高(S)ランク評価を受けました。

当誌のベストバイは、近年急増する大災害、首都直下型地震、東南海地震など、災害の断水時に水が使えなくなるという実際の災害現場では、バケツ一杯の水で消せる小さな火災も断水時には消すことができないため、全ての家庭で簡単に使える消火用具の設置意識が高まっている中で、どの製品を買ったらよいのかを比較テストして消費者に真実の評価を伝えることを目的とし、実際の火災で本当に使える能力のある製品を編集部が検査し選定したものです。

「緊急時の初期消火のためにどの製品を選んだら良いのか、という消費者の不安がある中で、モノクロが消費者の代わりに実際に火災を発生させた比較テストが行われました。近年、私たちの想像をはるかに超える災害が急増しています。「断水時に水道が使えなくなり、小さな火が消せなかったため家が全焼してしまった。」このような最悪の状況が災害時には多数発生しました。災害火災発生時には、水道を使用しない消火器、及び消火用具が必須になります。弊社は、お客様と家族を守るため、日々、消火剤開発、品質管理に徹底注力しています。消費者の皆様の、いざという時の安心安全のために、消防業界全体の製品の品質向上を願う弊社としましては、消費者のためのこのような外部検証が行われることが業界の発展に繋がると考え、心より歓迎いたします。」

(株式会社ファイテック、代表取締役社長 林 富徳)

【株式会社ファイテックについて】
株式会社ファイテックは、愛知県の消防関連化学製品製造メーカーです。日本国内のみならず海外48カ国に事業展開を行なっており、消火剤・消火用具の開発・製造・販売を行なっています。コンシューマ向け主要製品は「投てき用消火用具 ファイテック」「天ぷら油用消火剤 箱のままいれるだけ」「業務用消火スプレー フライングジェット」等です。その他、消防車用消火剤、石油火災用消火剤、金属火災用消火剤、森林火災用消火剤等々があり、陸上自衛隊の森林火災(山火事)などにも実践採用されています。ファイテックの最大の強みは消火剤開発能力であり、他に類の無い特殊な消火剤の開発を行なっており、消防局の依頼により消火技術の開発なども行なっています。

*本製品の製品説明は下記URLでご覧いただけます。
https://fitech911.com/products/

【会社概要】
商 号   : 株式会社ファイテック
代表者   : 林 富徳
所在地   : 愛知県丹羽郡大口町秋田3-101
設 立   : 2010年
資本金   : 4,800万円
事業内容: 消防関連化学製品製造業
U  R  L  : https://fitech911.com/

Post Author: PRTIMES