岡山の魅力が楽しめる新しい客室階 ~DISCOVER OKAYAMA×COMFORTABLE STAY~

 株式会社ホテルグランヴィア岡山(岡山市北区駅元町1-5、代表取締役社長:奈倉宏治)はこのたび、スタンダードフロアの12階と14階の客室2フロアを改装し、2020年3月14日(土)から新たに「スーペリアフロア」として販売をいたします。

 

 リニューアルコンセプトは「DISCOVER OKAYAMA×COMFORTABLE STAY」。晴れの国「岡山」の特産品や観光地などの魅力を、ホテルステイを通して発見し、観光や滞在をさらに充実したものにしていただけるようリニューアルいたしました。

 2016年6月より客室の改装を随時進めており、2017年2月には17階、2018年2月に18階、2019年1月には5階のリニューアルが完了しています。

 今回の12階と14階フロアのリニューアルは、本工事に先駆けてモデルルームを工事することで客室の仕上がりを検証し、機能性や居住性を追求いたしました。計68室を改装し、幅広いお客様にさまざまなシーンで快適にお過ごしいただけるお部屋へと生まれ変わります。

 リニューアルの概要は次の通りです。

 

■「DISCOVER OKAYAMA」

 ①「くだもの王国」

 瀬戸内海に面して温暖な気候に恵まれた岡山は、くだもの王国としても有名です。エレベーターホールや廊下の壁面の色合い、照明のモチーフを葡萄にするなど、特産品をデザインに取り入れました。

 

 ②「Made in OKAYAMA」

 岡山の魅力を発見していただけるよう、繊維産業が発展している岡山で生産が多い畳縁のモチーフを客室の壁面に施しました。

 

 ③「魅どころ」

 岡山の観光スポットとして有名な「後楽園」の四季をイメージしたカーペットデザインを取り入れました。つつじや山茶花などの花が咲き誇る様子をお部屋でもお楽しみいただけます。また、烏城とも呼ばれる漆黒の岡山城をイメージさせるカラーをエレベーターや客室の扉に表現しました。

客室内には、岡山の夏祭りで踊られる「うらじゃ踊り」が描かれた絵を設置し、岡山の魅どころを存分に満喫していただけます。

 

■「COMFORTABLE  STAY」

 ①電源コントロールパネルの設置

 ベッド横に客室内の照明やコンセント、USBの電源を集約させたコントロールパネルを設置し、電源操作の際に移動することなくお過ごしいただけるよう機能性を向上させました。

 

電源コントロールパネル

 

 ②バス・トイレのセパレート化

 リニューアルしたスーペリアンツインでは、バスとトイレをセパレートタイプに改修するとともに、洗い場を設置し、ゆったりとしたバスタイムをお楽しみいただけます。また、心地良いバスタイムをお過ごしいただけるよう、レインシャワーを採用しました。さらに洗面台エリアをオープンにすることで、広がりが感じられる客室としました。仕切り扉の開閉も可能で、プライバシーにも配慮しています。

 

明るく開放的な洗面台エリア

 

 ③空間の確保

 エコノミーツインでは、ソファーを設置するほか、スーツケースの収納スペースをベッド下に設け、コンパクトな空間の中、くつろぎのお時間をご提供いたします。

 

エコノミーツイン

 

■リニューアル概要

 1.改装箇所:12階・14階の客室 計68室(スーペリアツインルーム36室、エコノミーツイン28室、エコノミーシングル2室、モデレートツイン2室)、エレベーターホール、廊下

 2.改装内容:照明・洗面・バス等の水回りの改修、ベッド・カーペット等家具の新調・取替え

 3.改装日程:2020年3月・・・・・・・・ 12階、14階改装完了

       2020年3月14日・・・「スーペリアフロア」として販売開始。

 

 

コーナーツイン(イメージ)廊下(イメージ)エレベーターホール(イメージ)