富士フイルムビジネスイノベーションが、 「東商サイバーセキュリティコンソーシアム」に参画

富士フイルムビジネスイノベーションが、 「東商サイバーセキュリティコンソーシアム」に参画 東京商工会議所と連携し、中小企業のサイバーセキュリティ対策を支援

 

 

                             

富士フイルムビジネスイノベーション株式会社(本社:東京都港区、社長・CEO: 真茅 久則)は、東京商工会議所(東京都千代田区、会頭:三村 明夫、以下「東商」)が主催する「東商サイバーセキュリティコンソーシアム」に参画し、東商会員企業へのサイバーセキュリティ対策支援を行います。

1.本取り組みの背景と目的

「東商サイバーセキュリティコンソーシアム」は、中小企業のサイバーセキュリティ対策支援(サイバー攻撃の実態把握、インシデント対応の支援、基本方針・規定の策定等)を当コンソーシアムが行うことで、東商会員がサイバーセキュリティ対策を実施できるよう後押しすることを目的とし、設立します。当社は、経済産業省認定の「スマートSMEサポーター1」、「経営革新等支援機関2」として、従来から中小企業のICT(情報通信技術)活用を支援してきました。昨今、サプライチェーン全体にわたるサイバーセキュリティの脆弱性が問題視される中、中小企業のサイバーリスク回避に貢献すべく、当社は本コンソーシアムの目的に賛同し、参画します。

2.当社のサービス概要

「東商サイバーセキュリティコンソーシアム」を通じて以下のサービスを東商会員に提供します。

 

オフィスあんしんセキュリティサービス AG

端末へのアンチウイルスソフトウェアの導入だけでは防ぐことができない、危険なウェブへの対策や既知・未知問わずあらゆるマルウェアの脅威から保護するなど、社内の管理サーバー不要のクラウド型エンドポイントセキュリティーサービスを提供します。

 

beat/active サービス

安心・安全なネットワーク環境をワンストップ・低コストで実現するセキュアなネットワークサービス。オフィス内の情報資産を強固なセキュリティ機能で守るとともにネットワークの運用管理を支援することでお客様の業務効率向上に貢献します。多拠点間のネットワーク接続や冗長化による障害対策など利便性、安全性を高めるオプションを充実した中規模事業所向けサービスです。

 

IT Expert Service

IT戦略立案、設計構築、運用の一連のIT業務プロセスを支援する、中小企業向けITアウトソーシングサービスです。 24時間365日のリモート監視、リモートでの障害復旧対応、専門家による定期的なIT戦略立案とその進捗レビューを実施し、継続的にお客様のIT業務を支えます。

3.役割

<東商>

・サイバーセキュリティコンソーシアムの主催、運営

・東商会員企業に対して、本コンソーシアム参画企業が提供するサイバーセキュリティ対策サービスの周知

 

<富士フイルムビジネスイノベーション>

・サイバーセキュリティ対策サービスを東商会員企業へ提供

【本取り組みのイメージ】

東商会員企業から事務局である東商にサイバーセキュリティに関する問い合わせが入ると、当社他コンソーシアム参画企業へ取り次がれる

参画企業から問い合わせをした東商会員企業に対し、直接、課題のヒアリングや対策を提案

参画企業が提供するサービスの東商会員企業への導入が決定した場合、会員企業と参画企業間で直接契約し、サービスを導入する

 

1: 中小企業の生産性を高めるためのITツールを提供するITベンダー等のIT導入支援者を「情報処理支援機関」として認定する制度。

2: 税務、金融及び企業財務に関する専門的知識や中小企業支援に係る実務経験が一定レベル以上の個人、法人、中小企業支援機関等を「経営革新等支援機関」として認定することにより、中小企業に対して専門性の高い支援を行うための体制を整備するものです。

 

 

富士フイルムビジネスイノベーションについて

デジタル複合機をはじめとしたオフィス機器、プロダクションプリンターや、ITソリューションの研究・開発・生産・販売、および業務プロセスのアウトソーシングサービスを提供しています。1962年に富士ゼロックスとして創業以来培ってきた技術や知見をもとに、働く人々がより創造力を発揮し、組織の力を最大化できる情報や知識の活用環境を構築しています。

2021年4月1日、「ビジネスに革新をもたらす存在であり続ける」との決意のもと、社名を富士ゼロックス株式会社から富士フイルムビジネスイノベーション株式会社に変更しました。 

 https://fujifilm.com/fb