顧客ロイヤリティを高めるアプリマーケティングプラットフォーム 「MGRe(メグリ)」 が「マルチブランド機能」の提供を開始

株式会社ランチェスターが提供するSaaS型アプリマーケティングプラットフォーム「MGRe(メグリ)」は、複数ブランドを展開する企業向けに、アプリ上でユーザーが好みのブランドをフォローすることでユーザー好みのカスタマイズされたアプリを提供できる「マルチブランド」機能の提供を開始しました。

マルチブランド機能について

複数ブランドを展開する企業向けに、アプリ内でユーザーがフォローしたブランドの情報だけ表示させることができる機能です。
「グループとしての統一した世界観を表現するため複数ブランドをひとつのアプリにまとめて提供したいと」いう企業側のニーズと、「情報量が多過ぎる、好みの情報だけ見たい」というユーザー側のニーズのどちらも満たすよう機能開発いたしました。

〜 こんな企業におすすめ 〜
・グループとして統一したブランディングを実現したい
・ブランド単体ではなく、グループとしてのアプリを提供したい
・それぞれのブランドアプリを開発するリソースがない
・それぞれのブランドアプリを運用するコストが心配
・ブランドの情報すべてを配信するのではなく、利用するユーザーにあわせて情報提供したい

step1.ブランドフォロー

アプリインストール時にユーザーが好きなブランドを選択

step2.ユーザー好みにパーソナライズされたアプリを提供

フォローしたブランドの情報がアプリ上に表示されます
*フォロー外ブランドの情報もニュース一覧から閲覧可能です

MGRe(Make Good Relationship) メグリ について

〜 あらゆるタッチポイントがオンライン化する時代に最適なコミュニケーションでよろこびの体験をつくるアプリマーケティングプラットフォーム 〜
MGReは企業のアプリ開発から運用、分析までワンストップで支援するアプリプラットフォームです。
アプリ会員証で店舗とECの顧客情報やポイントを一元化、既に企業がYouTube、Instagram、ブログなど配信しているコンテンツを自動で集約し、プッシュ通知を利用してお客さまにお届けするなど、リテールに特化した機能が揃っています。
「すべてのデータをよろこびの体験に」をビジョンに掲げ、アプリ上で取得したデータをより良い顧客体験や販促施策などに活用していただけるプラットフォームを目指しています。
[導入実績]

株式会社ランチェスターについて

2007年創設。創業から約10年間、主にリテール向けに受託開発実績を積み、そのノウハウを元に2017年よりアプリプラットフォームサービスの提供を開始。アプリの企画・運用からアプリマーケティングまで一貫した戦略的支援を得意とし、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援しています。

ー 沿革 ー
2007年 創業
2017年 アプリプラットフォームEAP(Engagement Application Platform)をローンチ
2019年 XTech Venturesより1億円の資金調達を実施
2020年6月 アプリマーケティングプラットフォームMGReをローンチ
2020年10月 シリーズAラウンドにおいて3億円の資金調達を実施

代表取締役 CEO 田代 健太郎

新卒でSIERに入社し、R&D部門に従事。2003年株式会社メンバーズ入社。ガリバーインターナショナル(現 IDOM)、オークローンマーケティング、トヨタ(Gazoo)等を担当し、デジタルマーケティングを支援。その後、2007年株式会社ランチェスター創業。MUJI passportなど小売業を中心に企業のwebサイトやアプリの受託開発実績を重ね、2020年 SaaS型アプリマーケティングプラットフォーム「MGRe (メグリ)」のサービス提供を開始。オンワードホールディングスやパタゴニアなど小売業の公式アプリを多く手掛ける。

会社名:株式会社ランチェスター
設立:2007年6月
所在地:東京都港区南青山3-3-3 リビエラ南青山ビル B館 3F 
代表者:代表取締役 田代 健太郎
事業内容:アプリプラットフォーム「MGRe(メグリ)」の開発・運営
URL:https://www.lanches.co.jp/

<MGReに関するお問い合わせ>

サイト内問い合わせフォームよりお問い合わせください。
https://mgre.jp/
※記載されている会社名、ロゴマーク、製品名などは、各社の登録商標または商標です。
※本書⾯に掲載された画像及びテキストの無断転⽤を禁じます。
※本リリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

Post Author: @Press